/

揺れるダイヤのクロスフォー、知財功労賞を受賞

宝飾品製造のクロスフォーは、知的財産権制度を積極的に活用している企業を表彰する「知財功労賞 特許庁長官表彰」を受賞した。知的財産をビジネスの根幹と位置づけ、「模倣品は絶対に許さない」という強い姿勢で臨んでいることなどが評価された。

同社は、身につけた人のわずかな動きでダイヤなどの宝石が揺れる「ダンシングストーン」など独自技術の開発に力を入れ、特許や意匠、商標など知的財産の取得を進めている。土橋秀位社長は受賞について「今後も一層、変化と創造に挑戦する」とコメントした。

同社は重要な権利について、複数の弁理士事務所に書類の作成を依頼し、出願内容をブラッシュアップして権利行使しやすくする工夫をしている。また、悪意がなく技術力のある模倣業者には、自社の部品で本物をつくるよう促し、顧客増加につなげているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン