地熱発電、頭打ち 潜在性高いが出遅れ鮮明

2020/6/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内の地熱発電所の開発が進んでいない。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると日本の再エネの発電容量は過去10年で3倍近く伸びた一方、地熱発電は2%減少した。地熱は開発期間が長いことから新規の大型案件に乏しく、豊富な資源を生かせていない。国が掲げる再エネの導入目標の達成に向け、官民一体となっての開発加速が求められる。

2019年における日本の地熱の発電容量は52.5万キロワットで、10年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]