/

この記事は会員限定です

地熱発電、頭打ち 潜在性高いが出遅れ鮮明

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

国内の地熱発電所の開発が進んでいない。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると日本の再エネの発電容量は過去10年で3倍近く伸びた一方、地熱発電は2%減少した。地熱は開発期間が長いことから新規の大型案件に乏しく、豊富な資源を生かせていない。国が掲げる再エネの導入目標の達成に向け、官民一体となっての開発加速が求められる。

2019年における日本の地熱の発電容量は52.5万キロワットで、10年前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン