琵琶湖でクルーザー転覆、13人救助 子どもら搬送

2020/6/7 15:52 (2020/6/7 21:14更新)
保存
共有
印刷
その他

琵琶湖で転覆したクルーザー(左)に近づくダイバー。右は大津市消防局のボート(7日午後3時40分)=共同

琵琶湖で転覆したクルーザー(左)に近づくダイバー。右は大津市消防局のボート(7日午後3時40分)=共同

7日午後1時ごろ、大津市北小松の琵琶湖西岸沖合を航行中のクルーザーに乗っていた女性から、船が転覆したと110番があった。滋賀県警や消防が捜索し、午後3時15分ごろ、滋賀県野洲市吉川沖で転覆しているクルーザーを発見。船に乗っていて湖上に投げ出されるなどした家族連れら13人全員を午後4時ごろまでに救助した。大津市消防局によると、4人が病院に搬送された。子どもが含まれるが、重症者はいないという。

大津北署によると、発見時、13人のうち多くは救命胴衣を身に着けていた。そのまま浮いていたり、転覆した船やビート板などにしがみついたりしており、警察の警備艇や地元のマリーナ関係者の船に引き上げた。同署は他の船と衝突した可能性は低いとみており、事故原因を詳しく調べる。

大阪管区気象台によると、7日の琵琶湖上は風速10メートルのやや強い風が予想されていた。強風などの注意報は出ていなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]