/

この記事は会員限定です

「知の共有」世界で加速 新型コロナ論文、SARSの100倍

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症に関する研究が世界で急速に増え、かつてない勢いで「知の共有」が進んでいる。感染拡大の阻止や治療法の探索に向けていち早く成果を公開する動きが広がり、「査読」と呼ばれる専門家の検証を受ける前に成果を発表する研究論文も目立つ。スピード重視の潮流に取り残されないよう、日本も対応を迫られる。

新型コロナ関連の論文が4カ月で約1万本に――。文部科学省科学技術・学術政策研究所はこのほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません