パラリンピック進化形

フォローする

障害者と健常者、ともに学ぶ 時代のトップランナー
欧州パラリンピック紀行(9) 英・ウースター

Tokyo2020
2020/6/6 20:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

それは初めて見るスポーツだった。英国ウースター大学のスポーツ関係学部の授業。アリーナで車いすの人と健常者が一緒にバスケットボールをしていた。正確には「インクルーシブ・ゾーン・バスケットボール(IZB)」という新競技だ。

コートを縦に3つのゾーンに分け、中央部分は車いす、両サイドは健常者が動けるエリアとする。3つのゾーンをパスが経由しないとシュートできないルールで、障害者と健常者が交ざり合って楽し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする

 パラリンピック・ムーブメントの拡大にかかせないのがスポンサーの存在だ。国際パラリンピック委員会(IPC)のスポンサー企業は、2004年アテネ大会時は2社にすぎなかったのが、現在は最上位のワールドワイ …続き (6/10)

ロンドン・パラリンピックの放送を成功させたチャンネル4の本社

 英国に着いた1月末の夜、テレビを見て腰を抜かしそうになった。一般の男性が複数の女性から気に入った相手を選ぶという、よくある恋愛バラエティーもの。しかし女性は全員全裸でモザイクもなく、すべてをさらけ出 …続き (6/9)

セント・ジョージズ・パークにあるブラインドサッカー専用のピッチ(バートン・アポン・トレント)

 噂には聞いていたが、その広大さに目を見張った。セント・ジョージズ・パーク。英国中部のバートン・アポン・トレントにあるイングランド・サッカー協会(FA)の強化拠点だ。羊牧場だった土地を買い取り、201 …続き (6/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]