/

この記事は会員限定です

ビアガーデンも密集回避 ステージ自粛、席の間隔広く

[有料会員限定]

ビアガーデンの営業が始まった。新型コロナウイルスの影響で例年より遅れたが、6月に入り開業や予約の受け付けが相次いでいる。課題は感染予防策だ。屋外で営業する店が多く「3密」のうち密閉は避けられるが、人の密集や密接を回避するため事前予約制を導入したり客席の間隔を広げたりする。今年はいつもとは違った光景になりそうだ。

5日夜、名古屋三越の屋上にある「ビアガーデンマイアミ名古屋栄店」(名古屋市)は200あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン