ビアガーデンも密集回避 ステージ自粛、席の間隔広く

2020/6/6 19:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ビアガーデンの営業が始まった。新型コロナウイルスの影響で例年より遅れたが、6月に入り開業や予約の受け付けが相次いでいる。課題は感染予防策だ。屋外で営業する店が多く「3密」のうち密閉は避けられるが、人の密集や密接を回避するため事前予約制を導入したり客席の間隔を広げたりする。今年はいつもとは違った光景になりそうだ。

5日夜、名古屋三越の屋上にある「ビアガーデンマイアミ名古屋栄店」(名古屋市)は200…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]