国と地方の「3密」問題

風見鶏
コラム(政治)
2020/6/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊急事態宣言が解除された後の新型コロナウイルスへの対応は、国と県だけでなく県同士、県と市との関係という視点がより重要になる。

「東京と大阪は医療崩壊状態だった」。宣言の全面解除翌日の5月26日、愛知県の大村秀章知事はこう言及した。

東京都の小池百合子知事は受け流したが、吉村洋文大阪府知事が「何を根拠に言っているのか全くの不明。医療関係者に失礼だ」と反発。応酬した。

大村氏は岐阜、三重の隣接両県の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]