/

自民県連、石井氏を推薦 富山知事選

自民党富山県連は6日、11月の任期満了に伴う富山県知事選で、5選を目指す現職石井隆一氏(74)の推薦を決めた。知事選には自民党の高橋はるみ参院議員の実弟で、新人の新田八朗氏(61)も立候補を表明、自民県連に推薦を申請していた。

県連会長の宮腰光寛前沖縄北方担当相らが所属県議34人に意向を聞き取って決定した。一部に新田氏を推す声もあったという。宮腰氏は記者会見で「多数が(石井氏を推薦するにふさわしいと)判断した。結果を受け止める」と説明した。

石井氏は県庁で記者団の質問に答え、推薦決定を受け「地方創生のリーダー的役割を果たす県になるよう、頑張る」と述べた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン