新型コロナ 政策を聞く(検査体制)

2020/6/6 2:00
保存
共有
印刷
その他

■自民・冨岡勉医師議員団本部長「民間機関が参入しやすく」

とみおか・つとむ 長崎大院修了。医学博士。衆院厚生労働委員長などを歴任。党政調副会長。石原派。衆院比例九州、71歳。

とみおか・つとむ 長崎大院修了。医学博士。衆院厚生労働委員長などを歴任。党政調副会長。石原派。衆院比例九州、71歳。

日本は米欧や中韓に比べ検査体制の整備が遅れた。第2波が起こりかけた時に正確に把握できるよう体制の拡充が急務だ。再流行の予兆を感知したらすぐにクラスター(感染者集団)対策を強化し、小さな流行に抑えるためだ。

これまで過剰に検査せず医療費を抑えた面はあったが、再流行の兆しをつかめずに大規模な感染拡大につながればかえって医療費は増える。

PCR検査の体制を強化するには米国や韓国で普及するドライブスルー方式の検査センターを増やす必要がある。短時間で検体を採取できるため効率がよい。病院で医師や患者が集団で感染するリスクを減らせる。

ドライブスルー方式は日本の医師会や自治体で導入が増え始めている。政府は民間の検査機関が参入しやすくなる支援策を講じてほしい。

PCR検査に類似し最短2~3時間で終わる簡易な「LAMP法」もドライブスルー方式で導入すべきだ。無症状者らを対象にコロナの感染の有無を一定の精度で早く判定できると期待する。

抗原検査や抗体検査は学会で診断の評価が十分に定まっていないため、明確な症状がある人らに対象を限るのが望ましい。無症状者らが診断後にPCR検査も受けたら二度手間になる。

■立民・福山哲郎幹事長「PCR遅れ 国会で検証を」

ふくやま・てつろう 京大院修了。民主党政権で外務副大臣や官房副長官など歴任。参院京都選挙区、58歳。

ふくやま・てつろう 京大院修了。民主党政権で外務副大臣や官房副長官など歴任。参院京都選挙区、58歳。

感染の実態を十分把握しているとは言いがたい。検査のために保健所などに設置した帰国者・接触者相談センターは電話がつながらないケースが相次いだ。「37・5度以上の発熱が4日以上続く」とした受診目安も壁となった。

軽症、無症状者を含めた感染者数の全体像を把握しなければ必要な対策は打てない。PCR検査を増やすべきだ。ドライブスルー方式は院内感染を防ぎ、検査数を増やせるメリットがある。

韓国やドイツなどではドライブスルー方式を2~3月に導入した。感染者を早期に発見し隔離することで感染防止につなげようとしたのだろう。日本も自治体が積極的に導入したのは評価できる。国が経費を負担するのが不可欠だ。

第2波に備え、抗体検査も組み合わせ検査数を増やしていくのが欠かせない。妊婦や医療従事者、教員などに優先的に受けさせるべきだ。

屋外拠点や電話ボックス型の検査ブースの活用も有効だろう。医療機関とは空間を別にして数多く検査ができるシステムを開発せねばならない。

PCR検査がなぜ進まなかったのか十分な検証が必要だ。国会にコロナ問題検証委員会を設け、要因を分析すれば今後の検査拡充につながる可能性がある。(随時掲載)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]