物流能力にミスマッチ 産業用は過剰、日用品向け不足

2020/6/6 2:00 (2020/6/6 5:30更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、トラックの輸送能力に偏りが生じている。工場の稼働低迷で自動車部品など産業用資材を運ぶトラックが余る一方、日用品が多い宅配や食料品では不足気味だ。仕様の違いもあり、余った車両を宅配などに転用するのは難しい。中小の運輸業者の淘汰が進めば、コロナの収束で需要が戻った際に輸送力不足に陥る可能性がある。

中部地方のある運送会社。主な荷物である大手自動車メーカー向けの部品は4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]