/

コロナで解雇・雇い止め2万人超 悪化ペースが加速

新型コロナウイルス関連の解雇や雇い止めが見込みも含めて2万人を超えたことが5日、わかった。厚生労働省が全国の労働局を通じて集計したところ、4日時点で2万540人となった。2月から集計を開始し、5月21日に1万人を超えていた。それから2週間で倍増し、雇用環境の悪化ペースが勢いを増していることが鮮明となった。

特に景気の影響を受けやすい派遣社員など非正規雇用で懸念が高まっている。加藤勝信厚労相は5日、派遣事業者の団体の代表と面会し、あらためて雇用の維持などを求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン