米失業率、5月は13%に一転改善 就業者も250万人増

2020/6/5 21:32 (2020/6/6 7:44更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】米労働省が5日発表した5月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、失業率が13.3%となり、戦後最悪だった4月(14.7%)から一転して改善した。市場は20%程度の失業率を見込んでいたが、経済活動の一部再開で人材の職場復帰が進んだとみられる。景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数も、前月比250万人増加した。

4月は就業者の減少幅が過去最大の2070万人に達したが、5月は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]