/

この記事は会員限定です

大会の「父」から継ぐ精神 名言生んだ医師の正義感

欧州パラリンピック紀行(8) 英・オールドバラ

[有料会員限定]

「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ」

英国のストーク・マンデビル病院で、1948年にパラリンピックのルーツとなる障害者のスポーツ大会を始めたドイツ人の医者、ルードウィヒ・グットマンが語ったとされる言葉だ。パラスポーツの精神を端的に言い表していることもあり、日本で広まった。64年東京パラの記録映像にも出てくる。

だが、いつ、どこで彼が話したものなのか、実は定かではない。日本に残る、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン