[社説]改正外為法は運用基準をもっと透明に

2020/6/5 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海外投資家による日本企業への投資を規制する改正外為法が7日から全面適用になる。政府が国の安全に関わる技術や情報の海外流出に目を光らせることは理解できる。一方、企業経営の緊張感を緩ませかねない作用があり、透明性の高い運用をすすめてほしい。

外為法は、安保上重要な企業の株を外資が取得する際に投資家に政府への事前届け出を義務づける。その基準を持ち株比率の「10%以上」から今回の改正で「1%以上」に厳格…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]