明日は異業種 コロナ禍で広がる従業員シェア

日経MJ
2020/6/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍で雇用を守ろうと、異業種から一時的に人材を受け入れる「従業員シェア」が広がっている。居酒屋からスーパー、観光業から農業へ……。人手不足から一転して人手余りの企業も増えており、業種の垣根を越えて人材の移動が起きている。日本経済が急速に変化するなか、新しい雇用のかたちとして根付くか。従業員シェアの現場から展望や課題を探った。

■居酒屋の副店長からスーパーに

東急池上線の池上駅から徒歩3分の小型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]