日立、人工呼吸器の組み立て手順書を無償提供

2020/6/5 18:04
保存
共有
印刷
その他

日立製作所は5日、人工呼吸器の製造支援を目的に、人工呼吸器の組み立て作業を3D(3次元)で示した手順書の無償提供を始めた。アイルランドの医療機器大手であるメドトロニックが、4月に無償公開した人工呼吸器の3次元のCAD(コンピューターによる設計)データを基に、独自のシステムを使って各作業の手順書に変換した。

3次元で組み立て手順を示したイメージ

クラウドサービスを通じ、1年間無償で提供する。日立が開発した「組み立てナビゲーションシステム」を使い、3次元の作業手順書を作った。同システムは完成品の3次元CADデータを独自のアルゴリズムで解析し、適正な組み立て手順を3次元で表示する。完成品の製作図面から現場の作業者が組み立て手順を読み解く負担を減らせる。

組み立てナビゲーションシステムは、日立が注力するデジタルサービス「ルマーダ」のソリューションの1つとして、2017年11月に製品化した。国内では産業機器の製造会社数社が導入済み。これまでは専用システムを導入する必要があったが、今回はクラウド経由で提供するため、Webブラウザーで手軽に利用できる。(井原敏宏)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]