/

[英文]無視できないウイグル族の強制労働問題

中国新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族に対する弾圧に目をつむることはできない。ロイター通信は4月、米IT(情報技術)大手アマゾンがウイグル族の強制労働に携わったとされる中国企業からビデオカメラを購入したと報じた。

香港メディアなどによると、ウイグル族は中国当局の思想教育を受けさせられた後、中国各地の工場に送られて強制労働に従事している。コロナ禍で世界経済が停滞している中でも、多国籍企業は倫理的な調達を維持すべきだ。消費者も強制労働に関わった企業の製品をボイコットすることができる。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン