「最低賃金、経済成長率を参考に」日商会頭

2020/6/5 17:15
保存
共有
印刷
その他

日本商工会議所の三村明夫会頭は5日の記者会見で、最低賃金の引き上げについて「経済成長率などに基づくべきだ」と述べた。新型コロナウイルスの影響で4~6月期の経済成長率は大幅なマイナスが見込まれ、特に中小企業は打撃が大きい。3日に政府が開いた全世代型社会保障検討会議で三村氏は、2020年度の最低賃金を「雇用優先のため凍結してほしい」と訴えていた。

日商の三村会頭は、雇用優先のため最低賃金の凍結を主張する

政府の方針により、最低賃金は19年度まで4年連続で3%台の引き上げとなった。労働組合の連合は、賃金上昇の継続性を求めている。これに対し、三村氏は「諸事情を無視し、3%ありきで議論が進むことには強い不満がある」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]