コロナ収束の東南アジア、「闇の税金」も復活

新型コロナ
コラム(ビジネス)
小売り・外食
東南アジア
2020/6/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアの多くの国では新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、5月上旬から経済が正常化し始めた。警察、税関などお役所も仕事が増えることになるが、一部の国では贈収賄が増える兆しがみられる。

タイの首都バンコクは5月3日に行動制限が緩和され、商業施設などが営業を再開した。ただ、飲食店がお酒を提供することは禁じられている(取材した5月末時点)。にもかかわらず、一部の飲食店は隠れてお酒を提供している。あ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]