/

ジャンプ台横でフレンチを、札幌の五輪ミュージアム改装

フランス料理店「ヌーベルプース大倉山」では夜景も楽しめる

大倉山ジャンプ競技場(札幌市)に隣接する「札幌オリンピックミュージアム」と別館アネックスが5日、2019年10月からの大規模改装を終えて開業した。別館にはジャンプ台を一望できるフランス料理店「ヌーベルプース大倉山」がオープン。日本新三大夜景にも選ばれた札幌の夜景を楽しめる。

オリンピックミュージアムは日本に3カ所しかなく、観光地としての潜在能力に期待がかかる。大倉山では展望台リフトの営業も再開している。2030年の冬季五輪招致に向けた機運を盛り上げる役割も担う。

別館はレストランや売店が入っていたクリスタルハウスを改装。フランス料理店内には夜景が望めるバーやVIPルームも備える。

当初はゴールデンウイークに合わせた開業を予定していたが、新型コロナウイルスに関連する緊急事態宣言などでずれ込んだ。オリンピックミュージアム内の売店ではオリジナルTシャツや日本の伝統を意識した手拭いなどのグッズを販売。チケットを販売する総合案内所も併設している。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン