創薬新興のシルビアン、くも膜下出血の治療薬開発へ

2020/6/5 17:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脳外科専門の創薬スタートアップであるシルビアン(東京・港)は、くも膜下出血の治療薬開発に乗り出した。米食品医薬品局(FDA)への臨床試験(治験)申請に向け、動物実験などの前臨床試験を始めた。甘味料などに使われるトレハロースが持つ抗炎症作用と細胞保護作用を生かす。2023年中の製造・販売承認の申請を目指す。

くも膜下出血は脳の血管が破裂することで生じる脳卒中の一種。流れ出た血液が塊(血餅)を形成し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]