/

この記事は会員限定です

エーザイの角田氏「ESG戦略で社外取が主体に」

[有料会員限定]

社外取締役への監視の目が厳しくなる中、投資家との対話に力を入れているのがエーザイの角田大憲社外取締役だ。角田氏は「株主だけでなくあらゆるステークホルダーの目線に立った中立な社外取だからこそ、ESG(環境・社会・企業統治)を推し進めることができる」と強調する。

つのだ・だいけん 94年東京弁護士会登録。現在は中村・角田・松本法律事務所パートナー。専門は会社法。16年にエーザイ社外取締役就任

――投資家との対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン