/

この記事は会員限定です

栃木・那須の別荘地、テレワーク拠点として脚光

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、栃木県北部の那須地域の別荘地がテレワーク拠点として注目を集めている。飛行機を使わずに首都圏と行き来できる距離感に加え、長野の軽井沢や静岡の熱海に比べて手ごろな価格も魅力だ。東京都内のIT(情報技術)企業が事業継続計画(BCP)の観点から購入を決めるなど、4~5月の販売棟数は前年比2倍に伸びている。

「この静けさは東京とは雲泥の差。作業に集中して取り組める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン