資金繰り支援に700億円、金型代前払いも 調達網維持を
新型コロナ・中部の衝撃 試練の車部品サプライヤー(上)

2020/6/5 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自動車部品会社(サプライヤー)の経営が正念場を迎えている。世界中の新車需要の落ち込みで自動車メーカーの減産が続いており、影響が長期化しそうなためだ。サプライヤー各社は取引先の資金繰り支援や経営指南を通じて、サプライチェーン(供給網)の維持に全力をあげており、需要縮小への備えを急ぐ構えだ。

「役員駐車場が部品置き場に変わったよ」

中部のあるサプライヤーの幹部は自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]