/

この記事は会員限定です

消えゆくトレーディングフロア コロナ後も在宅勤務で

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

全員が毎朝6時台には出社し、大部屋のトレーディングフロアにずらりと並んだ自席につく――。新型コロナウイルスの感染拡大で、そんな証券会社のトレーダーの働き方が一変している。3月以降、在宅勤務を余儀なくされ、今もなお多くが継続する。分かったのは、当初は在宅では困難と思われたトレーディング業務が問題なくこなせるという事実だ。在宅で生産性が上がったとの見方も多い。コロナ収束後もトレーダーたちの働き方は元に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン