/

この記事は会員限定です

進まぬ廃プラ国内再利用 再生品、海外に流出

[有料会員限定]

廃プラスチックを国内で再利用する動きがなかなか定着しない。中国や東南アジアによる廃プラ輸入規制や海洋プラ問題に直面するなか、日本の関係者は廃プラからつくる「再生プラスチック」の国内活用を急ぐものの、品質や調達などの課題から使用をためらう需要家も多い。国内の資源循環システムが依然成り立っていない実態を象徴している。

廃プラは工場から出る廃材、解体した自動車や家電製品などの部品、家庭から出る容器・包装...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン