/

この記事は会員限定です

消費者の心をつかめ 3つのプロセス

学び×データサイエンス(2)ブレインパッド・奥園朋実さん

(更新) [有料会員限定]

前回触れたとおり、データサイエンスは2000年代に大きく花開きました。大きな原動力となったのはインターネットです。海外の大きな企業をいくつか挙げてみて、と言われて皆さんが思いつくのはどんな企業でしょうか。米国のアマゾン・ドット・コムやグーグルなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。こうした企業はインターネットを事業の基盤とし、後ほど説明するように、ネットを通じて取得したデータの活用で躍進した企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×データサイエンス

ネットでの買い物や動画の視聴履歴など、私たちは日々大量のデータを生み出しています。でも、そのデータがどのように活用されているかご存じでしょうか。さまざまなデータを分析して得られる新たな発見を、ビジネスの次の一手に役立てる企業が増えています。ブレインパッドでデータ活用人材育成サービス部長を務める奥園朋実さん(43)に「データサイエンス」の世界を案内してもらいます。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン