多様な釣り餌 生態映す食事の好み
海と水辺の散歩

2020/6/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

釣りをしていると、魚の食性に関していやがうえにも詳しくなる。常に、より多く釣るにはどうしたらよいか、と考えるからだ。

カタクチイワシをはじめとする小魚を主食としているのは、スズキ、ヒラメ、カツオ、シイラ、ブリ、マグロ類など。数え上げたらきりがない。フィッシュイーター(魚食魚)と呼ばれる魚たちで、彼らはルアーフィッシング(疑似餌を使った釣り)の好敵手である。

甲殻類のエビやカニを常食としている魚も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]