/

この記事は会員限定です

米IPO市場が選別する「コロナ後」

米州総局 野村優子

[有料会員限定]

4日のダウ工業株30種平均は4日続伸し、終値は前日比11ドル高の2万6281ドルだった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う株価の乱高下で一時停滞していた新規株式公開(IPO)が本格的に再開。旺盛な投資家需要を受け、滑り出しが好調な新顔が相次ぐ。もっともIPO市場では「コロナ後」に厳しく選別されるとの見方も出ている。

4日にナスダック市場に新規上場したのが、ズームインフォ・テクノロジーズだ。同社が設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン