7/11 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: なぜこの数値?経済統計、肌感覚に合わないカラクリ[有料会員限定]
  2. 2位: NYダウ反発369ドル高 コロナ治療薬の進展期待で
  3. 3位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  4. 4位: 米で木材価格が急騰、4月から2倍 コロナでDIY特需
  5. 5位: 気候変動リスク、企業の「負債」に 数値化が課題[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

マーケットニュース

フォローする

大型株が復調、海外勢が買い 出遅れの電機や自動車に物色

2020/6/4 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月に入り大型株の復調が目立つ。東証規模別指数では大型株の上昇率が小型株や新興株指数を上回る。ヘッジファンドなど海外投資家が日本株への強気姿勢に転じるなかで、株価指数先物を買い戻したり、出遅れていた自動車や電気機器などの景気敏感株に買いを入れたりしている。ただコロナ禍への警戒も依然あり、持続性を巡って一部では懐疑的な見方も残る。

5月末比の東証規模別株価指数では時価総額と流動性が高い上位100社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム