/

この記事は会員限定です

市民農園はサービス業、「密集」回避で人気に

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの事業が厳しい状況に置かれる一方、暮らしの変化で新たな商機も生まれている。農業関連でもそんなビジネスがある。市民農園だ。

東京都足立区の住宅街の一角。「シェア畑」と書かれたのぼりを横目に見ながら中に入ると、意外なほど面積のある畑が広がっていた。細かく区分けされた畑ではトウモロコシやピーマン、ニンニクなど様々な野菜が育てられている。

所々にある立て札には「こまめな手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1520文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン