がん・心筋梗塞… シニアの医療費、実質負担いくら?
人生100年お金の知恵(9)

田村 正之
2020/6/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「厚生労働省によると、1人当たりの生涯医療費は2600万円で、その約半分は70歳以降にかかる」。都内の食品メーカーに勤務する男性Aさん(58)は今年初め、ネットでそんな記事をみて不安になった。「70歳以降に1300万円も医療費が必要なら、お金が足りない」(Aさん)

■高額療養費制度で負担に上限

高齢になると同じ病気でも医療費は高くなりやすい。全日本病院協会の調べでは例えば胃がんの場合、70代の入院…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]