逆風下でも新ファンド、総額1000億円 新常態に投資

2020/6/8 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で国内スタートアップ投資が減速するなか、ファンドを新設して積極投資するベンチャーキャピタル(VC)が相次ぐ。2020年1月以降に組成した新ファンドの総額は1000億円規模。主に医療や既存産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める企業が対象となる。新型コロナと共存する新常態を創るスタートアップを資金面から支える。

日本経済新聞社が20年1月以降に設立が明らかにな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]