/

「僕は起業家向きじゃない」 AI人材の育成こそ天職

東京大学大学院 松尾豊教授(上)

東京大学大学院教授 松尾豊氏

顔認証などで普及が進む人工知能(AI)。日本でAI技術研究の第一人者と言われるのが東京大学大学院の松尾豊教授だ。松尾教授が率いる松尾研究室(通称、松尾研)はディープラーニング(深層学習)技術をリードすると同時に、様々な企業と連携して事業化に取り組み、起業家の育成にも力を注ぐ。松尾教授はベンチャーの立ち上げの失敗も経験。「起業の成功・失敗例を集めて分析して、次の挑戦者に伝えてゆく」ことで、AI界の次世代リーダーを育てようとしている。

(下)打率4割へバントも使う AIで「本郷バレー」目指す >>

――松尾研は起業家を輩出する異色な研究室です。

「松尾研で育てたい人材は研究者とアントレプレナー(起業家)の2タイプです。正式に所属している学生が約30人、スタッフが25人でそのうち4人ぐらいが秘書です。ほかにも松尾研の教育プログラムを終えて、企業との共同研究に参加している学生もいます。その学生には松尾研が人件費を払っていますよ。そのような学生やスタッフを合わせると、総勢で80~90人ぐらいです」

「通常の研究室に比べて4~5倍の規模になったので、どうマネジメントするかが大きな課題でした。大学の研究室の適正規模は最大で20人程度。さらに規模を大きくするには、研究室の数自体を増やすのが世界的には標準でしょう。しかし、松尾研では様々な活動の規模を拡大させたいので、マネジメントをやらなくてはいけない。最初は研究室に人事制度って合わない、と思いましたが、まず松尾研のビジョンとミッションを策定して、組織内の担当グループを分けました。各グループのミッションもつくり、個人の半期目標を決めて評価することにしました。2019年後半は組織づくりばかりに時間を費やした印象です」

――強烈な個性を持つ起業家志望者が多く集まっているのでは。

「最近はうまく団結していると思いますよ。少し前までは個性の強い人がぶつかりあう状況でした。しかし、ビジョン、ミッションを定めて組織を整備したことで、一人一人が相手や自分の役割をしっかり意識し、だいぶ良くなってきたと感じています」

「学生の中で起業家と研究者を目指す割合は半々ぐらいです。起業家を目指す学生が増えると、研究者志向の学生の研究も活性化するのです。研究もやりたいけど、お金も稼ぎたいという中間派の学生は起業家側にリクルーティングされてゆくので、中間派の学生はどんどんいなくなります。研究者志向の学生は企業からの誘いを何度も断って、研究にまい進するので、とんがった研究をやりますね」

起業に失敗、傲慢さ思い知る

――米国のスタンフォード大学から帰国してベンチャーを立ち上げました。起業家になろうとしたのですか。

「研究者をやめたわけではありません。もちろんベンチャーがうまくいっていれば、大きな成功なのでそちらに軸足が移ったと思います。でも、単純に事業が成功しなかったのです。起業家というのはリスクを取ってやるかどうかだ、と語る人もいますが、そういうものではありません。プロ野球選手と同じで、憧れの職業であるという認識が正しいと思います。僕は憧れてやろうしたけど、才能がなかったというわけです」

「研究者として成功するのと、起業家として成功するのは全く違います。自分は研究の世界で活躍できたのだから、起業しても努力すればなんとかなると思っていました。だけど、それは傲慢でした。起業を体験してみて才能はないと痛感しました。さらに言えば、世の中に才能なんてものはなく、単に、その人の性質と、その人のいる環境があっているかどうかだ、と考えるようになりました」

米国から帰国して、ベンチャーを立ち上げたがうまくいかなかった(米スタンフォード大時代の学会での訪問先で、右が松尾氏)

――具体的にどのように起業家向きではないのですか。

「僕は物事を抽象化するのは得意です。産業の重要性もよく理解していますが、具体的な事業の話になると興味がだんだん薄れてゆくのです。お金をもうけるのは具体的なところにどこまでこだわっていけるかにかかっています。僕は『知能とは何か』といった抽象的なテーマはとことん突き詰めるタイプだから、研究者としては合っていると思います。だけど、起業家は性質的にあっていません」

「もう一つ理由があります。人を励ますのが下手なんです。研究の世界は勝ち負けがはっきりしています。客観的に評価されて、忖度(そんたく)はありません。しかし、事業をやるとなると、ダメな人でもほめなくてはいけない場面がでてきます。でも、僕は良くないモノをどうしても良いと言えないのです。根が研究者としての設定になっているんでしょう」

若い人材の「いいメンター」になりたい

――尊敬している起業家は。

「たくさんいますが、東大出身者だと、江副浩正さんリクルート創業者、13年没)はすごい人だったと思います。もともと広告を情報として載せる、というビジネスモデルを考え出して事業を成長させました。1980年代にはニューメディア事業を模索していて、インターネットが出るかなり前から新たな情報媒体を使った広告モデルを考えていたようです。90年代も江副さんが現役で活躍していれば、日本でも検索エンジンの開発が進んでいた時代だったので、絶対に広告ビジネスを考え出していたはずです。もしかして、グーグルのような巨大企業が日本から誕生したという、別の未来もあったかもしれないとさえ思っています」

スポーツは学生時代にやっていたソフトボールなどが好きだという。ただ、最近は多忙で「まとまった時間がとりにくく、人数を集める球技はなかなかできませんね。やるにしても、テニスをちょっとするぐらいでしょうか」と少し残念そうに語る

「2002年に研究者として、ウェブ上のデータ分析を活用した広告モデルを提案したことがあります。現在でいうターゲット広告の基礎となるような技術なのですが、当時の偉い先生から『広告なんてくだらない』と却下されました。その時、いいメンターがいれば違ったはずだと感じました。世界に先駆けた圧倒的な技術だという自信があったからです。当時、有能なベンチャーキャピタリストがいて、この技術で起業してみればという話になっていれば、もっといろいろ広がったのに、と今でも思います」

「江副さんのような人がいれば、僕を支援してくれたかもしれないんです。だから逆に今、若い人にやってあげたいのです。僕がシリコンバレーのベンチャーキャピタリストのような役割を果たしたいと考えています。起業家の成功、失敗の事例をたくさん集めて、きちんと把握し、抽象化して次の挑戦者に伝えてゆく。そして起業の成功率を上げてもらうのです」

「そうは言っても、起業家を育てるのは大変で、起業までに相当の時間を費やします。『こいつすごいな』と思うと、あれこれ相談に乗りますよ。1~2週間に1回の頻度で、1~2年間ずっと話し続けるという場合もあります。結構手間がかかりますが、僕はこういうことが好きなのです」

――新型コロナウイルスが起業家の育成に影響を与えていませんか。

「東大構内の入場は制限されていますが、もともと松尾研はオンラインで完結できる組織ですから、あまり影響はありません。オンライン飲み会とかはあまりやりませんが、きょう(5月中旬)は起業を考えている人を集めて、食事しながらいろいろ話そうと思っています。起業前は一番不安な時期だし、よく分からないことも多いと思うので対話が大事です。直接コミュニケーションをとりづらいのが、今一番の課題です」

(下)打率4割へバントも使う AIで「本郷バレー」目指す >>

松尾豊
1975年香川県出身。97年に東京大学工学部電子情報工学科卒、2002年同大学院博士課程を修了。産業技術総合研究所の研究員を経て05年から米スタンフォード大学客員研究員。07年東大大学院准教授、19年から東大大学院工学系研究科 人工物工学研究センター教授(現職)。17年から日本ディープラーニング協会理事長。19年からソフトバンクグループ社外取締役。

(代慶達也)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン