GO TOKYO

フォローする

「日本に勇気を」進化へ覚悟 AS・井村雅代HC
スポーツ再興

2020/6/4 19:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長年アーティスティックスイミング(AS)日本代表を率いてきた井村雅代ヘッドコーチは、コロナ禍での活動を「限られた環境でどのように工夫し、成長できるかが問われている」と強調する。まとまって代表として練習できるのはもう少し先だが、「以前より進化した姿を見せて、日本を勇気づけたい」と競技としての役割を模索する。

――3月、東京五輪が1年延期となった。選手たちには何を伝えたか。

「当初は4月から国際大会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ブノワHC(左)の信念と言葉に導かれ、脇本は世界トップクラスへ駆け上がった(More CADENCE提供)

 6月に和歌山競輪場で行われた高松宮記念杯は、脇本雄太(31、日本競輪選手会)の独壇場だった。トップ選手がそろうG1の全4レースを圧勝。通算賞金は6億円を超えた。デビュー13年目で突出した成績を出せる …続き (8/8)

自転車トラック種目世界選手権の男子ケイリン決勝で2位に入った脇本雄太(中央)。右は優勝したオランダのラブレイセン(2月、ベルリン)=共同共同

 自転車トラック短距離のケイリンは日本発祥でありながら、五輪で金メダルを獲得した日本選手はまだいない。スピードと駆け引きが魅力の花形レースで脇本雄太(31、日本競輪選手会)は今、世界の頂点に最も近い選 …続き (8/8)

紅白戦でサーブを打つ高橋(奥)。2月、今年の代表登録選手に高校生で唯一選ばれた(日本バレーボール協会提供)日本バレーボール協会提供


 2021年夏の東京五輪に向けて再始動したバレーボール男子日本代表で、期待の新星が早くも存在感を示している。1月の全日本高校選手権(春高バレー)を制した京都・東山高出身のアタッカー、高橋藍(らん、日体 …続き (8/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]