/

この記事は会員限定です

コロナ後政策の検討組織、自民、岸田氏が本部長

首相・麻生氏が後ろ盾

[有料会員限定]

自民党は4日、新型コロナウイルスの感染が収束した後の経済・社会のあり方を検討する新組織を立ち上げた。本部長には岸田文雄政調会長が就任した。安倍晋三首相や麻生太郎副総理・財務相に近い甘利明税制調査会長が座長に就いて政策づくりを支える。

岸田氏は新組織「新国際秩序創造戦略本部」の初会合で「コロナは長期戦の様相だ。その先のことを政治の責任として考えていく」と述べた。

コロナ対策で浮かび上がる課題の処方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません