/

この記事は会員限定です

コロナ「第2波」AIで備え、長期化にらみ研究進む

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症への対応で、人工知能(AI)の活用が広がってきた。画像診断や重症化の予測などで医療現場を支え、「第2波」の感染拡大や流行の長期化を見据えた研究も進む。海外に比べAIの活用が遅れ気味の日本も、技術を駆使して危機を乗り越える発想が求められる。

米欧や中国、韓国、日本などでは感染拡大の最初のピークを越え、経済活動の再開が進む。ただ終息にはなお時間がかかるとの声が多い。足元では流行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン