クスリのアオキHD、石川のスーパー買収 鮮魚を強化

2020/6/4 18:24
保存
共有
印刷
その他

クスリのアオキホールディングス(HD)は4日、食品スーパー運営のナルックス(金沢市)を買収すると発表した。30日付で株式の90%を取得する。北陸ではスギ薬局やコスモス薬品などの競合企業が店舗網を拡大している。ナルックスが持つ鮮魚を中心とした生鮮分野のノウハウを取りいれて競争力を高める。

ナルックスは金沢市内に5店のスーパーを運営している

ナルックスは金沢市内に5店のスーパーを運営している。2019年5月期の売上高は48億円。株式の取得価格は明らかにしていない。ナルックスの取締役として、子会社のクスリのアオキから3人を派遣する。

ナルックスの買収によって鮮魚の仕入れや鮮度管理などのノウハウを取りこむ。まず、福井県の大型店にナルックスが鮮魚テナントを出す。他店でも鮮魚の取り扱いを増やす方針だ。ナルックスの店舗は順次、クスリのアオキの運営に代わり、医薬品を販売する。

北陸では調剤に強みを持つスギ薬局や食品比率の高いコスモス薬品などとの競争が激しくなっている。食品スーパーのマルエー(石川県白山市)とニュー三久(金沢市)が経営統合するなど、スーパー業界でも合従連衡の動きが出てきた。ドラッグストアが食品で誘客するようになっており、業界の垣根を越えた再編がさらに起こる可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]