/

トヨタホーム、みよし市で大型分譲 PLTグループも

トヨタホームは4日、愛知県みよし市で分譲地「MIYOSHI MIRAITO(みよし みらいと)」を6月13日から販売すると発表した。愛知大学名古屋キャンパス跡地の高台に位置する全288区画。トヨタホームのほか、プライムライフテクノロジーズ(PLT)グループのパナソニックホームズとミサワホームに加えてサーラ住宅が販売に関わる。

トヨタホームはプライムライフテクノロジーズグループなどと、愛知大学跡地で分譲地「MIYOSHI MIRAITO」を販売する

名鉄豊田線「黒笹」駅から徒歩8分、東名高速道路「東名三好IC」から約880メートルの距離に位置する。第1期販売区画数は36区画で、販売価格は2200万~2800万円台だ。2025年までに全区画を販売する計画だ。

分譲地の中央部には停電時や災害時にも、電気自動車(EV)などで発電した電気を使えるようになる「ビークルトゥーホーム(V2H)」スタンドの設置などで一定期間エネルギーが自給できる、スマート防災コミュニティセンターの「MORIZONO HOUSE(もりぞの はうす)」を設ける。

PLTは20年1月、トヨタパナソニックの住宅子会社などを統合して発足した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン