/

あいみょんが圧倒的 女性ソロアーティストセールス

日経エンタテインメント!

ヒット曲を連発しているあいみょんがアルコールのCMに出演して『マリーゴールド』を弾き語ったり、LiSAはアニメ『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』で紅白に出場、Uruは『あなたがいることで』がドラマ『テセウスの船』の主題歌となりヒットするなど、女性ソロアーティストのシーンが盛り上がっている。その人気度を計るため、2016年以降にデビューしたソロアーティストを対象にCDの「アルバム」「シングル」と、「ダウンロード」のセールスを見ると、あいみょんの圧倒的な強さが際立っている。

2016年以降にデビューした女性ソロアーティストを対象に、アルバムで累計セールスが最多の楽曲ごとにランキングにした。なお、19年もしくは20年にCDリリースがなかったアーティストは対象外とした。データ提供はサウンドスキャンで、対象期間は16年1月1日~20年4月5日
あいみょん

「アルバム」「シングル」「ダウンロード」のセールスの指標は楽曲そのものにリスナーが直接お金を払った、いわば今の時点でのアーティストの"実力"だ。16年1月1日から20年4月5日までにリリースされた作品を対象に、アーティストごとに最多セールスとなったもので順位をつけた。

あいみょんはダウンロード50万突破

CDセールスで唯一10万枚を超えたのは、17年にデビューした、あいみょん。19年2月発売のアルバム『瞬間的シックスセンス』が19.3万枚を突破する。このアルバムには18年に大ヒットし、彼女の存在を世に知らしめた『マリーゴールド』も収録。同曲はダウンロードでもトップで、19年10月には50万ダウンロードを達成している(日本レコード協会認定)。

18年には『NHK紅白歌合戦』に出場、19年は初となるアリーナツアーを開催するなど、ライブ動員も急拡大している。ビルボードの「2019年 年間トップアーティスト」にも輝き、今や全世代の女性アーティストのトップと言ってもいいだろう。

2016年以降にデビューした女性ソロアーティストを対象に、シングルで累計セールスが最多の楽曲ごとにランキングにした。なお、19年もしくは20年にCDリリースがなかったアーティストは対象外とした。データ提供はサウンドスキャンで、対象期間は16年1月1日~20年4月5日

CDランキングを見ると、アイドルグループ出身の2人が上位に入った。元NMB48の山本彩は、グループ在籍時の16年にソロデビュー。デビューアルバム『Rainbow』は7.7万枚を売り上げ、2位に。彼女はアイドル時代から、「シンガーソングライターになりたい」と公言しており、本作でも全13曲中6曲で作詞作曲を手掛けている。

19年、音楽とより向き合うため、back numberらが所属するユニバーサルシグマへと移籍。ライブにさらに力を入れるようになり、複数のロックフェスへの出演に加え、前半に全国の小規模ライブハウス、後半はZeppを回るツアーを開催するなど、アイドルからシンガーソングライターへと着実に変貌を遂げている。

もう1人のアイドル出身で、ソロでも成功を収めているのが、元℃-uteの鈴木愛理。17年6月の℃-ute解散後に、ソロ活動をスタート。19年9月にリリースした『Escape』は4.5万枚を超え、シングルランキングではトップ。ライブ動員力も高く、18年7月には日本武道館で単独ライブを開催。コロナ禍で中止となってしまったが、4月には横浜アリーナ公演も予定していた。女性誌『Ray』で15年から専属モデルを務め、女性ファンからの支持を獲得してきたことも大きいだろう。

アルバムランキングで健闘しているのが、18年にデビューしたずっと真夜中でいいのに。だ。ACAね(あかね)によるソロプロジェクトで、YouTubeに公開したアニメ仕立てのミュージックビデオが話題を集めた。19年にリリースした初のフルアルバム『潜潜話』は4万枚を売り上げ、ランキング3位につける。

セールスが最多の曲順にランキング。なお、19年もしくは20年にCDリリースがなかったアーティストは対象外とした。データ提供は、ビルボードジャパン

「シングル」「アルバム」「ダウンロード」の全てがトップ5に入ったのが、16年にデビューしたシンガーソングライターのUru。18年リリースの『プロローグ』が、ダウンロードであいみょんに続いて2位となった。同作はドラマ『中学聖日記』の主題歌で話題となり、彼女の名を世に広めるきっかけとなった1曲。昨年1月に25万ダウンロードを突破したということで、日本レコード協会からプラチナ認定も受けている。

CDセールスで3万枚を超えたのは、ここまでの5人だけ。しかし、実はあいみょんの『マリーゴールド』もシングルCDのセールスは3万枚強にとどまる。代わりに「ストリーミング」で2億回再生を突破し、同ランキングで1位に。「ミュージックビデオ」の再生数でも1位となっており、今は他のメディアからのブレイクが広がっていることが分かる。

(ライター 中桐基善)

[日経エンタテインメント! 2020年6月号の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン