藤井七段、タイトル初挑戦 最年少17歳10カ月で棋聖戦

囲碁・将棋
2020/6/4 19:46 (2020/6/4 20:19更新)
保存
共有
印刷
その他

将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は4日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第91期棋聖戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(王座・叡王、27)を破り、初のタイトル挑戦を決めた。17歳10カ月20日(五番勝負開幕時)での挑戦は、屋敷伸之九段(48)が1989年に棋聖戦で挑戦した際の17歳10カ月24日を4日上回り、31年ぶりの最年少記録更新となる。

対局終了後、藤井七段は「挑戦することができてうれしく思っている。五番勝負がすぐ始まるのでしっかり準備したい。(新記録は)意識していなかったが、そういう形になってよかった」と話した。渡辺明棋聖(棋王・王将、36)との五番勝負は8日に開幕する。藤井七段が棋聖を奪取すれば、タイトル獲得の最年少記録も更新する。

迎え撃つ渡辺棋聖は「藤井七段の初めてのタイトル戦という、間違いなく将棋史に残る戦いに出場することに大きなやりがいを感じています。注目される五番勝負になるので、期待に応えるような将棋が指せれば」とコメントした。

今回の棋聖戦で藤井七段は、斎藤慎太郎八段(27)、菅井竜也八段(28)、佐藤天彦九段(32)らトップ棋士たちを次々撃破。挑戦者決定戦では練習将棋を指す間柄の永瀬二冠を破り、記録更新のラストチャンスをものにした。

棋聖戦の挑戦者決定戦に臨んだ藤井聡太七段(4日午前、東京都渋谷区の将棋会館、代表撮影:日本将棋連盟)

棋聖戦の挑戦者決定戦に臨んだ藤井聡太七段(4日午前、東京都渋谷区の将棋会館、代表撮影:日本将棋連盟)

新型コロナウイルスの影響で4月中旬以降に対局が行えず、一時は新記録の可能性がついえたかと思われたが、6月に入って立て続けに対局が設定され記録更新の道が開けた。

現在進行中の第61期王位戦でも藤井七段は挑戦者決定リーグに入っており、羽生善治九段(49)らを破って4戦全勝で白組の首位を走る。13日のリーグ最終戦、23日の挑戦者決定戦に連勝すれば棋聖戦に続いてのタイトル挑戦となる。

日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の話

史上最年少の挑戦ということで大変な快挙。渡辺棋聖との五番勝負、大変な話題を集めることとなりますが、藤井七段の番勝負の中での日々の成長、進化の過程に注目していきたい。

師匠の杉本昌隆八段の話

社会や日々の生活が大きく変化していく中、集中力を持続させて見事に新記録を達成してくれました。将棋が指せる幸せや感謝の気持ちを忘れず、五番勝負も全力で戦って下さい。師匠として楽しみにしています。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]