災害不明者の氏名公表 都道府県、ルール策定3割

2020/6/4 17:26
保存
共有
印刷
その他

災害時の安否不明者・死者の氏名公表を巡り、全国知事会は4日、全都道府県を対象とした実態調査の結果を明らかにした。公表、非公表の判断基準など独自のルールを策定した都道府県の数は12で、全体の3割以下にとどまった。策定予定は6、未定22、未回答7。都道府県名は公表しなかった。

オンライン会議方式で開かれた全国知事会の全体会合(4日、東京都千代田区)=共同

策定の動きが広がらないのは「災害の規模などに応じてケース・バイ・ケースで対応したい」「国が統一ルールを作るべきだ」との意向が根強いのが理由。策定済み独自ルールは「救助活動に必要なら全て公表」「基本的に非公表」など内容にばらつきがあった。

知事会は国に統一ルールを定めるよう求めている。調査では、氏名の把握方法や公表の条件、公表までの手続きなどをルール化すべきだとの意見が多かった。国は「各自治体が判断すべきだ」として策定に慎重姿勢を示している。

知事会は「都道府県によって氏名公表に関する考え方に違いがあり、対応に悩んでいることが分かった」と説明。引き続き国に統一ルールを求めるとしている。

調査は昨年11月から今年1月に実施した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]