/

この記事は会員限定です

経営者がテレワーク阻害 「日立ショック」で変わるか

テレワーク成功の勘所(4)

[有料会員限定]
日経BP総研

日立製作所が在宅勤務と新たな人材管理を柱とする人事制度改革に乗り出す。テレワークを標準的な働き方と位置付け、来春にも在宅勤務の比率を5割程度にする。社員の職務を明確にして達成度合いを見る「ジョブ型」の人事制度も本格導入する。狙いは新型コロナウイルス対策や優秀なデジタル人材の獲得にあるが、それだけではない。真の目的は構造改革の総仕上げにある。

「トップダウンによる改革と、現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1896文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン