伸ばすと微弱電気が抗菌する繊維 村田製作所と帝人系
共同出資会社で製品化

2020/6/4 16:49
保存
共有
印刷
その他

曲げ伸ばしで抗菌作用を持つ新繊維「PIECLEX(ピエクレックス)」一般的な繊維を同様に衣類やマスクなどに使える(4日、大阪市)

曲げ伸ばしで抗菌作用を持つ新繊維「PIECLEX(ピエクレックス)」一般的な繊維を同様に衣類やマスクなどに使える(4日、大阪市)

村田製作所と帝人子会社の帝人フロンティア(大阪市)は4日、曲げたり伸ばしたり加圧すると微弱な電気が生じて抗菌作用を持つ新繊維を開発したと発表した。植物由来の材料を活用し抗菌剤などを使わずに細菌の増殖を抑制できる。ウイルスへの効果は検証中。2社で共同出資会社を設立し、2020年度中に製品化する。25年度に売上高100億円を目指す。

両社が開発したのは圧力が加わると電気が発生する圧電技術を活用した新繊維「PIECLEX(ピエクレックス)」。加工可能で普通の繊維と手触りも同じ。衣類やおむつ、マスクなどに活用できる。価格は量産化すれば一般的な繊維と同程度に抑えられるという。

新繊維を発表する村田製作所の村田恒夫会長兼社長(左)と帝人フロンティアの日光信二社長(4日、大阪市)

新繊維を発表する村田製作所の村田恒夫会長兼社長(左)と帝人フロンティアの日光信二社長(4日、大阪市)

共同出資会社のピエクレックス(滋賀県野洲市)には村田製作所が51%、帝人フロンティアが49%を出資した。製品の製造は帝人フロンティアが担う。ピエクレックスは花粉などの微粒子の除去などにも活用可能といい、新たな活用法も研究して製品化につなげる計画だ。

同日会見した村田製作所の村田恒夫会長兼社長は「人の運動で抗菌機能を持たせられる未来の繊維だ」と強調。帝人フロンティアの日光信二社長も「今までにない未知の世界を切り開いてくれる」と胸を張った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]