グローバル時代のSCM(7) 製品特性に応じた戦略
明治大学教授 富野貴弘

やさしい経済学
2020/6/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

流行や気候の影響を大きく受けるアパレル製品は、市場に即応できるSCM体制の構築が昔から求められてきました。「クイックレスポンス」という考え方が生まれたのも、1980年代のアパレル産業です。しかし、これに成功しているメーカーは少数です。逆に考えれば、うまく対応できれば、競争優位に立てる可能性が高い産業でもあるわけです。今回は、世界と日本のアパレル市場で、それぞれ売上トップを誇る2社の事例を見ます。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]