/

この記事は会員限定です

廃炉技術、効率的な投資を ロジャー・カウトン氏

英セラフィールド渉外担当部長

[有料会員限定]

英廃炉専門会社セラフィールドは英原子力廃止措置機関(NDA)の傘下で、英国北西部にある原子力発電所の廃炉作業に取り組んでいる。100年後の2120年まで続く長期的な計画だ。英国内の廃炉費用はすべて英政府から拠出されており、技術投資の効率化が大きなテーマになっている。廃炉を進める日本にとっても重要な視点だろう。

新しい技術を活用している事例としては、ドローン(小型無人機)を原発建屋内の調査に使ってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン