/

東京女子医大に賠償命令 薬の副作用で女性死亡

(更新)

2014年9月、東京女子医大病院(東京・新宿)を受診していた川崎市の長浜裕美さん(当時43)が死亡したのは、用量の16倍の抗てんかん薬を処方されたためだとして、遺族が大学側に計約4300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は4日、医師の過失を認めて計約1500万円の支払いを命じた。

佐藤哲治裁判長は、重篤な副作用を回避するため、添付文書に書かれた用法・用量を順守する義務があったのに、これに反して処方した過失があると認定。「起こり得る副作用の内容や程度について、患者が具体的に理解できるよう説明すべきだった」とも述べた。

判決によると、長浜さんは13年9月に別の病院で脳腫瘍の手術を受けた後、東京女子医大病院で治療を続けていた。14年8月に職場でけいれん発作を起こして救急搬送され、抗てんかん薬ラミクタール(一般名ラモトリギン)を用量の16倍処方された。全身の皮膚に障害が起こる「中毒性表皮壊死(えし)症」を発症し、14年9月9日に亡くなった。

夫の明雄さん(45)は判決後の記者会見で「真実が明らかになり、妻の無念を晴らせた。判決が安全な医療につながることを期待する」と話した。

東京女子医大病院の田辺一成病院長は「判決を重く受け止め、謝罪の意を表する」とのコメントを出した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン