茨城・鉾田、メロン加工品市場開拓 高級品依存から脱却

2020/6/4 14:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

メロンは高齢層の消費が多く、市場は長期的に縮小している。かつて「メロン御殿が建つ」とされた最大産地の茨城県鉾田市でも利益率は低下傾向だ。新型コロナウイルスでは業務用の依存度が高い産地ほど影響が大きく、高級路線のリスクも鮮明になった。若者らの消費を喚起するにはスイーツや調理など新たな市場の開拓が重要だ。

鹿島臨海鉄道の新鉾田駅から車で約15分の場所にある農業法人深作農園(鉾田市)。コロナ禍で急減し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]