新宿中央公園にカフェやレストラン 7月16日開業

2020/6/4 16:11
保存
共有
印刷
その他

広大な芝生広場の中にレストランやフィットネスクラブがオープンする(完成イメージ)

広大な芝生広場の中にレストランやフィットネスクラブがオープンする(完成イメージ)

東京都新宿区が民間資金を活用して新宿中央公園に建設している集客施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」が7月16日、開業する。カフェやレストラン、フィットネスクラブなどが入居する2階建ての施設で、区が公園北部に再整備した約8500平方メートルの芝生広場に併設する。公園周辺を走るランナー向けのロッカーやシャワー施設も備える。

シュクノバは、新宿の「宿」とラテン語で「新しい」という意味の「ノバ」を掛け合わせた。フィットネスクラブにはヨガスタジオや、東京五輪で初めて種目となった「スポーツクライミング」で注目される「ボルダリング」設備も設置する。

新施設は、区が公園再生事業の一環として事業計画や運営を民間に委ねる形で実現した。建設も運営も都市再生機構(UR)のグループ企業で施設管理を手掛ける新都市ライフホールディングス(東京・新宿)が担う。テナント収益で公園施設を維持管理する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]